スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町内散策

町内の花茗荷が開花していないか・・と出かけたのは6月14日。
その前に以前、確認していた江川沿い(隣町)の花茗荷を探しに・・・・こちらには白花があったとの情報が以前あったので、でもこの日は見つけられませんでした。(場所も間違っていて、、、15日夜に相棒と確認に出かけましたが、こちらの方は崖崩れで高いところのみ咲いていました~この場所もいつ崩壊するかわかりませんが)


町内の林道から見れるハナミョウガです。(この場所で転びそうになり~足元が滑って右腕脇にアザが出来ました)
豪雨が降れば、崩れそうな場所です。

林道~ハマミョウガ

道端ではアカショウマが咲いていました。

アカショウマ

後は自宅周辺です。
ホタルブクロは満開です。

ホタルブクロ

マタタビの花が咲いています。

マタタビ

崖の上で満開になっていたヤマツツジ~下の方は草刈りに遭っています。

ヤマツツジ

川の方に降りたら、岩場のたまり場にイチョウウキゴケがありました。

イチョウウキゴケ


別の場所の花茗荷・・・・今の時期しか見れないので・・・。

ハナミョウガ2






スポンサーサイト

自宅周辺の続きです。

5月末から6月初めの自宅周辺の草花たちの続きです。
今年のハンショウヅルは沢山の花がぶら下がっていました。でも今は翁さんになりかけています。

ハンショウヅル

ウリノキの花かんざしも可愛いです。

ウリノキ

もちろん、その近くでサイハイランも咲いていました。

サイハイラン

美味しい木苺も彼方此方で~もちろん口に入れたものもあります。
葉はもみじになっていないから・・・ビロードイチゴかな・・・・??

この木苺は美味しいです~♪

木苺

おまけ画像~朱鷺が飛んでいるように見えないかな・・・・。又、トキソウ。(植栽)

(この草花たちはUPが遅れましたので、今は咲いていない方が多いです。)

朱鷺草


次回はその後の散策の花になります。小さな町川本町~過疎の町ですが自然は豊かな町です。
この豊かな自然だけは壊して欲しくないですね。

豊かな自然

中間山地の過疎地~自宅周辺は豊かな自然が沢山です。
撮影は5月末~6月初め~別の草花散策でアップするのが遅れましたので、今回UPした花はもう終わっておるのもありますが、満開の花もあります。

道路の上を見上げたら、グリーンシャワーが・・・・緑が綺麗でした。この樹木の名前はわかりませんので。


緑

イボタノキ~少しぶれております。

イボタノキ

ケヤキに似た葉に虫こぶ?が出来ておりました。

虫こぶ

焼けた自宅の裏で咲いているホタルブクロ~(今は満開で沢山の花がさいております。)

ホタルブクロ

赤い実がありました~花は見逃したようです~ウグイスカグラの実?

赤い実

川へ降りてみました~マイナスイオンがいっぱいです。
雨が降らなかったので、川の水は少なくなっていました。

流れ

ニホンカワトンボが彼方此方で止まったり飛んだり・・・・。

ニホンカワトンボ

川の上にかかる樹木は苔むして・・・・。

苔むした樹木

川の岩の上~ナルコスゲの中から・・・・草の種が・・・・何の種?花を見ていません。
でも、この種は別の場所で数年前見ているのですが・・・・。

種

庭先へ移動して・・・・・植栽です。トキソウ。

トキソウ

サワラン(植栽)~この植栽の花は邑南町の山野草の楽園で昨年、購入したものです。
株が増えました~♪

サワラン

まだUPしていない草花は次回に~続きます。





男三瓶登山の続きです。

男三瓶登山の続きです。

登山道の登っているところだったと思います~クルマムグラ。
この山にはオクルマムグラもあるそうです~見てはいませんが・・・。


クルマムグラ

これからは、登山道を下りながら見た花たちです。

フタリシズカ~登山道の登りの時もありましたが、花がほとんど1個でした。ようやく2個の花が見れました。

フタリシズカ

エイレンソウは花は終わって種?になっていました。

エイレンソウ

タニギキョウも咲いていました。

タニギキョウ

前後しましたが、下る時に、彼方此方で見かけた初見の花です~ツクシガシワ(ガガイモ科)

ツクシガシワ

別の画像~

ツクシガシワ2

又、別の画像~ツクシガシワ

ツクシガシワ3

全体像~下葉が大きくて丸っこく感じました。

ツクシガシワ全体像

ほとんど下りてフユイチゴの仲間~コバノフユイチゴ又はマルバフユイチゴでしょうか。残り花かと思います。

コバノフユイチゴ

見逃した花もあったかと思いますが、三瓶山にも沢山に草花の自生が登山して初めてわかりました。

道路も良くなりましたので、美郷町から15分ぐらいで行けます。自宅から1時間余りでしょうか。
花の折々に登ったら、又、別の草花の出会えるかもしれません。

この山へ登る途中にニリンソウか、トリカブトかの葉を沢山見ました。
大江高山のトリカブトの葉とは少し、違うような感じでしたが、この山にはニリンソウは無いとのことでした。

これで、男三瓶山登山の草花散策は終わりです。

男三瓶登山の続きです。

三瓶山の頂上近くになると草花も楽しくなるくらいです。

ウマノアシガタも高いところで見ると、別の花かと間違えてしまいそうです。

ウマノアシガタ

タチシオデの花~新芽はアスパラに似た味がしますが・・・。

タチシオデ

花のUP。

UPで。

花が咲いていないので、名前はわかりませんが~初めは「シモツケソウ」かと思いましたが、三瓶山には無いとの事~葉の感じが違います・・・・。
三瓶自然館の学芸員に確かめました~登山道に「アカショウマ」が沢山あるとのこと。
kagerou地では少しづつしか見たことがありませんので、群生すれば見事だと思います。

アカショウマ


問題の花は「キジムシロ」の花を「ヒロハノカワラサイコ」と間違えたこと・・・・。
kagerou地で咲く「キジムシロ」の葉はこのように大きくはありませんが、この山のキジムシロの葉はあまりにも大きくて・・・・・。「カワラサイコ」を確認して出かけたら、こんな間違いはなかったかもしれませんが・・・・。情報のみででかけたので、実物を知らないとは・・・・このような間違いをしてしまいました。

キジムシロ



山から下りて、知人に会って・・・・間違いに気が付きました。

「ヒロハノカワラサイコ」の花は咲いていませんでした~これは、西の原での植栽らしい。

ヒロハノカワラサイコ

学芸員さんに後に尋ねたら・・・・頂上付近にも少なくなっているとのことでした。見つけられなかったのも仕方が無い・・・と。

次回は下る時の草花になります~初見の花に出会いました・・・・。

三瓶山登山続き。

三瓶山で咲いていた花の続きです。

登っていたら可愛い花が・・・アカモノが沢山咲いていました。


アカモノ

相棒がマクロレンズで撮ったアカモノ。アカモノUP

相棒が撮ったナルコユリ。

ナルコユリ

頂上近くになるとダイセンクワガタが見れるようになりました。

ダイセンクワガタ

別の画像です。

ダイセンクワガタ2

こちらも。

ダイセンクワガタ3

頂上ではヒロハノカワラサイコがあるとの情報でしたが、間違ってしまいました。

三瓶自然館の学芸員に確かめましたら、自生は少なくなっているようです。

間違った花は次回にUPします~続く・・・・。

男三瓶山登山

西の原から男三瓶山へ登りました。私kagerouは初めて登ります。
やはり登り始めて暫くはしんどい・・・・・。ふうぅ・・・・。

半ば付近から花が見え始める頃には楽しくなります。
シモツケはまだ蕾でした。


シモツケ蕾

ヤマツツジは残り花だと思います。

ヤマツツジ

カノコソウが咲いていました~初めまして・・・です。

カノコソウ

タニウツギは少し赤色が強かったです。草原&道路沿いはピンク色が多く見れますが・・・。

タニウツギ~三瓶

ホソバノヤマハハコの葉も見れました。開花が楽しみです・・・。
端っこにアカモノが咲いています~次回にUPします。

ホソバノヤマハハコ


次回へ続きます。

海岸の花散策

大田の海岸へ行きました~ハマナスの自生地で、南限地です。

海岸

ハマナスの花~綺麗で、香りが良くて・・・・。

ハマナス

ハマヒルガオ。

ハマヒルガオ

ハマニガナ。

ハマニガナ

ハマエンドウ~綺麗な色の花です。ここまでの画像は5月20日に撮ったものです。

ハマエンドウ


6月2日の散策で撮った花たち。

ハマウツボは開花しておりました~♪

ハマウツボ

5月20日には気が付かなかった草花~もちろん開花はしていませんでしたが、
6月2日には、ナミキソウが咲いていました。私も初めての花です~♪

ナミキソウ

海岸で彼方此方で見かけるタイトゴメ。

タイトゴメ

海岸の花はどの花もそれぞれに、色が鮮やかでした。

次回は三瓶山の草花です。

立久恵峡散策の続きです。

2日立久恵峡の散策の続きです。

オオメノマンネングサが彼方此方で咲いていました。結構群生しています。ムサシアブミ

ムサシアブミの残っていました。

オオメノマンネングサ2

イブキジャコウソウも満開です~崖側で。

イブキジャコウソウ

マメ科の花が咲いていましたが、三瓶自然館の学芸員さんに尋ねました(画像を送って)
「ニワフジ」との事~ほとんど植栽しか見ていませんので、花の感じが違うように思いました。
葉の方はそっくりでしたが・・・・。
「ニワフジ」の自生はほとんど少なくなっているようですが、県内には自生の記録があるそうです。

マメ科~ニワフジ(マメ科 コマツナギ属)

ヒナランは沢山ありましたが、蕾でした。

ヒナラン蕾

ナデシコをUPで・・・・この場所のナデシコはイワナデシコだそうですが、別の場所のイワナデシコとは少し模様が違います~この場所の花はイワナデシコとカワラナデシコとの中間に見えますが・・・・カワラナデシコとの違いは花期の時期がちがうそうです(知人より・・・・カワラナデスコの花期は7月頃から秋にかけて。
イワナデシコは花期も5~6月、その他)

ナデシコ


立久恵峡の草花散策はおわります。次回は海岸の花です。

立久恵峡散策

関東からのお客様との草花散策です。
立久恵峡の景観から・・・・。

立久恵峡1

別の角度から。立久恵峡2

吊り橋から。

立久恵峡3


この場所のみに咲く「オオメノマンネングサ」をUPで。

オオメノマンネングサ





コンデジで撮っております。
プロフィール

ウスバカゲロウ

Author:ウスバカゲロウ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。